障害年金を申請する前に中身を知っておこう!

障害年金を申請する前に中身を知っておこう!

障害年金とは何なのか。

ご存知ですか?名前を見て少しぐらいならわかる方もいると思いますが、Binary options その名の通り疾病または負傷などによって、国が定めた一定程度の障害の状態になったものに対して支給される公的な年金の総称なのです。

この障害年金は、障害基礎年金と傷害厚生年金の二つに分かれており、障害基礎年金はものすごく簡単に説明すると、年金などの国に対しての支払いをしていて、障害を20歳以上で負ってしまった人、もしくは20歳未満で障害があってその後の治らず障害を引き継いでいる人などが該当するようです。

この障害基礎年金は病気や怪我で障害が残ったときに受け取れるものなので、医師の診断などが必要とされており、診断を受けて1年と6ヶ月後に障害が残っているか?や、65歳に達するまでに障害になったかどうか。

など、難しい内容の診断基準があるらしく、その後も障害の等級などを決めたり、いろいろな申請をしなくてはいけなかったりと、役所に申請したら障害年金を受けられる。

という風に簡単にはいかないようです。

そんなときに私が見つけたのが、その申請を手伝ってくれる機関などが存在するらしく、今後その期間について少し調べてみたいと思います!!

障害年金の申請はどうすれば?

障害年金の申請と聞くと、難しそうに聞こえませんか?実際いろいろな条件や申請物などがあり、個人で行うのはとても大変なのです。

また、役所に行くだけではなく年金事務所などにも足を運ばなければいけません!ここではそのような簡単な流れを解説してみたいと思います。

まず、書類を入手する前にやっておかなければいけないことがあります。

それは窓口や電話相談で障害年金を受給する資格があるのか、保険料をちゃんと収めているのかなどを調査してもらう必要があります。

この調査をしなければ、申請することができないのです。

その後、必要な書類などを先ほど言った年金事務所や年金相談センター、最寄の役所などで窓口を訪問すると必要な書類一式がもらえます。

その必要な書類とは、障害給付裁定請求書、診断書、受診状況等証明書、病歴、就労状況等申立書の4つです。

この4つの書類を自分の現在の状況や今までの職歴によって個別に申請書を書いたり、病気や障害の状況などを病院にいって診断書や今までの通院歴(いつからこの疾病にかかっていたか、この障害が発生したのかなどが重要。

)などを把握し、申請しなければいけません。

いろいろやらなければいけなくてわからない。

障害年金を申請したい

と自分ならなってしまいそうです。

しかし調べていたときに相談センターやそういったことのサポートをしてくれる機関を見かけたのでもしかしたら頼れるのか??

Comments are closed.